庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ヒイラギハマキワタムシかな 

本当は、雪虫の季節ってタイトルにしようと思ったんだけど。毎年この時期の暖かい日、フワフワ小さな綿が飛んでいるのを目にする。雪虫ということもあるようだけど、雪国でないとその名はふさわしくないかなと。

昨日(11月30日)の出勤時にも見た。つかまえて写真撮ろうかとも思ったが、先を急がなきゃと思い、断腸の思いで見送ったその時、うちの数軒先のその家の玄関の塀にとまってた。これならいける。

TG-3の深度合成モードで撮る。角度をいくつか変えて撮ろうと思ったが、あまり変わり映えしない感じがしたので、時間もないし1枚だけにした。

さて、この虫の名前なんだっけと思い出せず、さっき図鑑で調べるのにも苦労し、そうそう、それそれ、トドノネオオワタムシだよねと。しかし、しかしだな、いろいろある昆虫の図鑑で、意外とこのトドノネオオワタムシが出てこないんだよ。なんだこの違和感は。

そうだと思って、『日本の昆虫 1400』を開いたさ。もちろん出てるよ、トドノネオオワタムシ。
ところがだよ、メインで出ているのはトドノネオオワタムシではないんだよ。

ヒイラギハマキワタムシ。今までトドノネオオワタムシと思ってきたけど、実は、こっちでしょ、ヒイラギハマキワタムシ。もろもろこのヒイラギハマキワタムシのほうが、つじつま合うよ、条件合うよ。

雪虫?そんな虫いねーよと北海道出身の女の子を笑ってしまった15年くらい前、子供のころから使っている昆虫の図鑑で調べたら、雪虫ちゃんと出ていた。それがトドノネオオワタムシ。以来、ずうっとそうだと思ってきたけど。

ヒイラギハマキワタムシだったんだな!もちろん、近縁の別種でした、実は、なんてこともあるかもしれないけど、現状、ヒイラギハマキワタムシでよいと思う。

それにしても『日本の昆虫 1400』やっぱり頼りになる。

スポンサーサイト
ナガサキアゲハの終齢幼虫

本日お仕事お休みで、お出かけのため、昼下がりに出ると、隣のおじさん(といっても私の親父と同い年だった、確か)にあいさつしたら、ずいぶん遅い仕事だねと話しかけられる。ここからあれこれ小一時間、はいってないけど、けっこう植物や昔のこの近辺の話で盛り上がる。この周りは昔はみんな畑で、A川の近く(向こう?)はみんな田んぼだったと。大雨降るとよく川が氾濫して、うちの子たちも卒業した小学校((創立100年は超えてる)の校庭は水浸しになったと。

A川は今でこそ3面コンクリート張りだが、当時(昭和20年か30年代ごろ)は私も写真を見たが、川はうんと浅かった。今は掘ってああなっているだけだ。普通にジャンプして飛び越えたと。

話している途中で、この幼虫発見。かなり見上げる位置で話しながら撮ったこともあり、ピント合わなかった。4令幼虫もいた。この終齢幼虫はどうもナガサキアゲハのようだな。このミカン科の木はカラタチであるとおじさんから直接教わったので、間違いなし。

カワラバト(ドバト)のカップル メスを追いかけるオスのカワラバト(ドバト) A川にいるタシギを撮った後、家に帰ろうとしたそのとき、正面で、ハトが合体!写真では見たことあったけど、はじめて見た。撮ろうとカメラを構えたら、終わってしまった。確か、あっという間に終わるものだったと思う、もともと。

向こうに飛んでいったので、それを撮った。ポジション的に左がメスで右がオス。絶対間違いない。オスはまだ物足りなさそうだった。それとも、うまくいかず、逃げられたのか。2羽とも周りを若干警戒している風で、特にオスの方がキョロキョロしてた。他のオスを警戒しているのか?

メスはその後、穴の中に入っていった。オスがしばらくして、その入り口まで追っかけた。私はここで観察を諦めた。

今度はまた別のカップル発見。口移ししたりしてた。うーん、ラブラブだなあ。なんかむかつく(笑)。撮ろうとしたら逃げられた。距離は十分あるのに。警戒心がやはり平常時とまるで違う。恋の季節なんだなあ。

毎年9月は中間目標に向け、仕事に現(うつつ)を抜かしているので、虫が楽しい季節にもかかわらず、あんまり観察できない。が、今年は日曜日の仕事をやめたので、休みが多い。週に2回も休むと暇すぎて死にそうだ。今年は時間を買って、自己投資に使うはずだったが…。

10月の上旬には、A川で確実にミズヒマワリに来るアサギマダラが見られる。9月の下旬は普段観察していないので、いつもいるのかどうかはよくわからない。ただ、今年は明らかにヒガンバナが早いので、その分アサギマダラも早いかもしれないと思い、ぶらりと散歩してみた。まあ、写真はいいやと思ったので、6倍双眼鏡だけ持って。

見られたチョウは、イチモンジセセリ、ツマグロヒョウモン、ヒメアカタテハ、キタテハ、アオスジアゲハ、モンシロチョウ、キタキチョウ、そしてミドリヒョウモン。ミドリヒョウモンはあまり見られないので、しばらく眺めてた。翅がボロボロだった。と、そこへ別のがやってきた。オスだ。ミズヒマワリで吸蜜していたメスに執拗に食い下がる。嫌がるメス。追いかけるオス。見づらい草の下の方まで行ったが、たぶん合体には至っていない。なんだかほほえましかった。逃げ回るメスに追いかけるオスにさらに別のオスも加わった。結局見失った。追いかけるオスも翅がボロボロだった。

これはやはり撮りたいと、カメラを取りにいったん家に戻った。ツイッターの記録を見たら、往復で20分もたっていた。

ミドリヒョウモンのメスは結局見つからなかった。しかし、オスはいた。少なくとも3頭はいた。やっぱりみんな翅がボロボロ。 ミドリヒョウモンのオス

ミドリヒョウモンのメスを探しているうちに、アサギマダラが偶然見つかった。さっき探しているときには見つからなかったのに。やはり日陰にいたか。日なたは直射日光でけっこう暑かった。 アサギマダラのオス

別の個体も見つかった。日なたにもいるではないか。水面が反射する光が、うまくボケてなかなかきれいな写真になった。肝心のモデルがいまいちな感じだし、ミズヒマワリの花は白飛びしているけど。 アサギマダラ キラキラ

昨日というか今日の0時半ごろに自宅最寄り駅を降りると、工事の音に混じって、あれ、これは…。やっぱり、工事の音ではない。この後の私の行動は、通勤帰りの客から、完全に不審者になった。

あっちをうろうろ、こっちをうろうろ。急に立ち止まったり。あちこち見上げる。林の中でもそうだが、音源を特定するのは難しい。あれ、やっぱり工事の音なのかとも疑いなおすが、やはりこの転調は違う。ニイニイゼミだ。

この場所では初めて聞いた。それにしても、駅前には木があまりなく、その少ない木の近くに行ってみたが、かえって鳴き声は遠ざかってしまった。

階段を上り、2階に相当する歩道デッキ(?)に行くと、そこ?いや、違う。さらに上の方か。駅前の建物のおそらく4、5階くらいのところで鳴いている。昼間、それも双眼鏡を使わないと、こりゃ無理だな。とそのうち鳴きやんだ。

2013年1月11日11時41分 2013年1月13日11時11分 鳥たちは食べごろを知っているんだよなあ。48時間でこんなに食われた。

朝、屋上に出てZUIKO DIGITAL ED 50-200mm F2.8-3.5 SWDを試撮り。ちょうどすぐそこにヒヨドリがいた。警戒心の強いヒヨドリだが、こちらには気づかず、2枚だけ撮れた。どうも幼鳥のようだ。それに、1枚目と2枚目を比較してわかったが、遠くを見ていたようだ。だから私に気づかなかったのだろう。若さゆえの経験値の低さという感じもするが。

出勤時は、ちょっと時間があったので回り道して駅まで行ってみた。それは大正解。いつも通らないところを通ったら、赤い葉っぱの木に青いのがやたら目立つ芋虫。スズメガの幼虫だと思って近づいたら、紅葉したハナミズキにオオミズアオの幼虫だった。それにしても目立ちすぎ。かばんに入れてあるEverio GZ-HM350-Sで撮っておいた。

撮った画像は混沌のアルバム 2011年11月4日にて。

先月20日に見つけたアカボシゴマダラの幼虫、昨日の1日には前蛹になっていて、今朝は艶やかな黄緑の蛹になっていた。そして今夜帰ってきたとき(24時ちょっとすぎ)、もう少し粉を吹いたような色に変わっていた。

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。