庭の観察記録
身近な自然の観察記。すぐそこにある自然を通じて、生物の多様性と神秘を味わい、クォークから宇宙まで想いを馳せる。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706

まるで水中のカビ1 まるで水中のカビ2 まるで水中のカビ3

この前金魚の水槽を見たときは、餌の食べ残しが大量にあり、そこにこのまるでカビのような緑が絡みつき、気色悪かった。クミゴン(妻)が綺麗にしたのだが、また繁殖している。水槽に顔を近づけて、ゆらゆらしている緑の繊維を眺めていると、「ラン、ラッラッララ、ランランラン、ラッ、ラッラララ~」と『ナウシカ・レクイエム』の「王蟲との交流」が頭の中に聞こえてきたぞ。この画像ではわかりづらいが、ガンガン光合成をして、酸素をどんどん出している。そして、成長中♪

秋だというのに連日のようにゴキブリの成虫が出るので(寒かった19日のみ目撃情報なし)、ゴキブリホイホイを買った。なんとアマゾンで買った。5個いっぺんに設置して二日目、1つにかかった。クロゴキブリ成虫。連日出るうち、一番目撃したところに設置したものにかかった。もうゴキブリロードになっているのではないかと。これで明日以降もかかるようならば、ロード確定だ。

パソコンデスクにある温度計を見たら、29.5度。30度切ると違う。昨日は33~34度にまでこの場所の温度が上がっていた。しかし、この時間でこの温度だよ。今日は曇りなのかな。あ、昨日、一昨日と月の写真撮りそびれた。

昨日の午前には届くはずだった神レンズとも言われているオリンパスのレンズ、ズイコーデジタル ED 50mm F2.0 Macro。昨日、家に帰っても不在票すら見当たらず。佐川急便に電話したが、やはり深夜ではつながらず。朝一でクレーム。なんと、昨日、うちに寄ってすらいなかったことが最終的に判明。「次からは気をつけますから」とその不良ドライバーは言うが、次はないだろ。ちなみに、私の荷物を出すときに、車から他の2つの荷物をアスファルトに落としていた。電話での声、そして、実際のその姿を見て、ああ、この人では仕方ないなと怒りも半減したが、ここには詳しく書かない。

さて、さっそく使ってみるが、スペックどおり、いわゆるレンズが明るくて室内でも余裕で撮れる。ピントがシビア。混沌のアルバム2011年7月2日に苦心の跡があるのでそちらをご覧あれ。

撮り始めてしばらくしてから、女優が和室の網戸に「蛾がいる~~♪」と発見してくれた。見たらチャドクガのオスだった。翅がちょっと曲がっているので羽化不全かなと思って、撮り終えてから、家の中からふうっと強い息を吹きかけたら、ちゃんと飛べた。バイバイ。願わくば、誰もその毒毛の被害に遭いませんように。鳥もね。

1階のトイレに入り、用を足そうと思ったら、蛾がおぼれている。場所が場所だけに助ける気にもなれず、場所が場所でも助けようがなかったと思うが、証拠だけ撮って、用を足してから、申し訳ないけど、いっしょに流した。用を足すのも気が引けたけど、することはした。水面に浮かんだ鱗粉が、苦難の跡を物語っていた。

画像は混沌のアルバム2011年6月9日で。

うちの網戸は4マスで5mm程度のようだ。撮った画像から3.5マスの正方形の対角線(一辺のルート2倍≒1.4倍)がこのコガネムシタイプの甲虫の体長に大体等しい。計算すると、3.5/4×5×1.4=およそ6mm。ちょっと自信がないのだが、他に当てはまりそうなものに心当たりはなく、ヒラタハナムグリかな。

この5日間かの画像はすべて混沌のアルバム2011年5月10日~14日のほうで。

よくあることだが、朝、外からオナガの鳴き声が聞こえてきた。そうっとのぞいてみる。うちの南側のシュロに止まっている。レースのカーテンを少しだけ開けただけで逃げてしまった。しかし、まだオナガの鳴き声が聞こえるので、今度はガラス戸をあけてみた。西側のシュロにオナガが複数いた。これならば撮れる。

シュロの特定のところで何かをついばんでいるオナガ600mmでパシャパシャ撮った。ああ、デジタル一眼レフだといとも簡単に撮れる。いい写真になるかどうかはまったく別だが。まあ、数打ちゃ当たることに期待する。

今度はビデオに撮る。ああ、買ってよかったEverio GZ-HM350-S。家の中から半身だけ乗り出すようにして撮影。録画し始めてから、どこで打ち切るかに悩む。姿勢がつらい。

あとでビデオを確認してみると、特定の箇所だけをついばんでいる。しかも、縄張り争いのように、取り合いをしている。いったい、あのシュロになにがあるのか。なにか樹液のようなものが出ているのか、特定の虫がいるのか。白っぽいものを口にくわえていたように見えたが。

つい今しがたツクツクボウシが鳴き始めた。今夜は(というかもう今朝という時間だ)、夜も気温が下がらず、しばしばセミが鳴いていた。しかし、うちの周りでツクツクボウシを聞いたのは、確か今年はじめてだ。B公園で聞いたような聞いてないような気もするが。ちなみに、B公園では、ツクツクボウシの抜け殻はいくつも見ている。ツクツクボウシは安房小湊でも1匹だけ鳴いていた。やはり、夏も後半だねえ。

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
blogramランキング参加中!
  1. 無料アクセス解析